家

鳩よけをすれば大丈夫|糞小被害にピリオドを

蜂対策の基本

困る女性

自分で駆除する場合

ハチは家などの軒下あたりに大きな巣を作るのが特徴です。中でも、スズメバチやアシナガバチは、人間に危害を加える凶暴なハチとしても知られています。そのため、自分の家に巣を作られているのを発見した場合は、早めに退治することが重要になってきます。ハチの退治については、基本的には専門業者に依頼するのが良いですが、自分で行うことも可能です。ただし、退治の際は十分に気をつける必要があります。まず服装ですが、ハチが襲いかかってきても問題の無いよう、専用の防護服を用意しておきます。長い針に刺されると、アナフィラキシーショックを受けますので、注意します。また、頭や顔、首周りからも侵入してくることがありますので、作業がしやすく、かつ身を守れる服装にします。

活動時間や性質

凶暴な性質として知られているハチですが、種類もたくさんあり、活動の形態にも差があります。退治しておきたいハチの種類には、スズメバチやアシナガバチがいると前述しましたが、これは何故かというと、攻撃性が高いだけでなく、集団で襲いかかる特徴があるからです。一方で、クマバチやヒメバチなどは単独で活動する特徴があるため、危険性は低くなります。常に集団行動をしているハチは、攻撃も集団ですので、巣を作ったハチがどの種類のものに当てはまるのか、把握しておくことも大切です。また、ハチの種類によって活動期間も少しずつ異なります。例えば、スズメバチは夏から秋にかけて活発になり、アシナガバチは夏を中心に活動します。ただし、どちらも夕方から夜間にかけては巣に戻り、活動が鈍くなる傾向にあるので退治をするなら日が暮れる時間帯に行うと良いです。